循環器・呼吸器センター


概要

当院は、循環器内科および呼吸器内科の連携よる綿密な診療体制を築いてきました。この度心臓血管外科を加え、さらに結核も含めた充実した質の高い医療の提供を目指して、チーム医療に取り組みます。


特徴

当センターは、循環、呼吸という生命維持に最も直接的に関わっている領域(心臓、血管、肺)の疾患に対して、綿密な医療を提供するところです。主に対象となるのは狭心症、不整脈、弁膜症、心筋症、心不全、大動脈瘤、高血圧、肺炎、肺気腫、気胸、肺結核等ですが、自覚症状としては以下のような諸症状のある方々が対象となります。


  • 坂道や階段などをのぼると胸が重苦しくなる等の症状がある。
  • 少し動くと息苦しなり、休まなければならない。
  • 風邪でもないのに2週間以上も咳や痰が止まらない。
  • 検診のレントゲンで異常な影を指摘された。
  • 脈の乱れや脈拍が異常に少ないことに気付いた。
  • いびきのひどい方、睡眠中に呼吸の止まる方、特に日中眠い方。
  • 歩くと足が痛い、足の脈が触れない。
  • 足の静脈瘤があると言われている。

ページトップへ ▲

  • 外来の担当表
  • 求人情報